【News】Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 S/S参加ブランド&キービジュアル発表




10月14日(月・祝)~10月20日(日)開催のRakuten Fashion Week TOKYO 2020 S/S の現時点での参加ブランドを発表いたします。


Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 S/S 参加ブランド(2019/8/22時点)

(*):初参加ブランド


BALMUNG (*)

BODYSONG.

Children of the discordance

CINOH

D-VEC

DIET BUTCHER SLIM SKIN (*)

DISCOVERED

DRESSEDUNDRESSED

Global Fashion Collective ※CAN

GUT’S DYNAMITE CABARETS

HARE

HIROKO KOSHINO

HYKE

ILL IT (*)

MISTERGENTLEMAN

MITSURU OKAZAKI

NEGLECT ADULT PATiENTS

Nobuyuki Matsui

NON TOKYO (*)

RABD

RAINMAKER

Rito (*)

SHINYAKOZUKA

SHOHEI

STAIR

TAE ASHIDA

TATYANA PARFINOVA ※RUS (*)

the SREU (*)

tiit tokyo

TOKUKO 1er VOL

WISHARAWISH ※THA

YUKI TORII INTERNATIONAL



-



コラージュアーティスト河村康輔さんをクリエイティブディレクターに起用した、Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 S/Sのキービジュアルが完成いたしました。


Rakuten Fashion Week TOKYO 2020 S/S Key Visual

Virtual / Reality

日々移り変る現実と想像され続ける空想の世界。 機能としての本質は過去も未来も常に変わらず同じであり、 ファッションにも言える新しい物が古くなり、 古い物が新しくなるという世界を表現しました。


Staff

■Creative Director / Art Director / Graphic Designer 河村 康輔 コラージュアーティスト/グラフィックデザイナー/アートディレクター

グラフィックデザイナーとして 多数のアパレルブランドにグラフィックを提供、コラボレーションTシャツを制作している。他にもライブ、イベント等のフライヤー、DVD・CD のジャケット、書籍の装丁、広告等のデザイン、ディレクションを手掛ける。 コラージュアーティストとして、様々なアーティストとのコラボレーションや国内海外での個展、グループ展に多数参加。 代表的な仕事に、2012年「大友克洋GENGA展」メインビジュアル、グッズデザインを担当、2017年大友克洋氏と共作で「INSIDE BABEL」(ブリューゲル「バベルの塔」展)を制作、オランダ・ロッテルダムのボイマンス美術館に収蔵。2019年まで不定期で更新される渋谷PARCOアートウォール企画「AD 2019」で大友克洋氏とAKIRAを使用したコラージュ作品を発表。 2018年S/S adidas Originals and United Arrows & Sons collaborative collectionのグラフィックを担当。 2018年adidas Originals flagship store原宿3周年記念店舗デザイン。 2018年渋谷PARCOアートウォール企画「AD 2019」で2018年度グッドデザイン賞を受賞。 2019年『アディダスブランドコアストア 渋谷』とコラボレーションし、店内デザイン担当。 2019年PARCO MUSEUM(池袋)にて過去最大の個展を開催。 2019年Royale Projects (Los Angeles)にて「AKIRA ART WALL PROJECT × nana-nana KOSUKE KAWAMURA Exhibition 」を開催。他多数。 https://www.instagram.com/kosukekawamura/


■Photographer 佐野 方美 (KiKi inc.)

■Stylist 小山田 孝司

■Hair & Makeup Artist 進藤 郁子(SHISEIDO

■Video Jockey Naotoradams (La cosmos)

■Motion Graphic Designer 村田 光希

■Model 安藤 ニコ (FOSTER)

■Wardrobe Outer: BODYSONG. / Bodysuit: SOMARTA

■Copy Translator 大崎 愛子




©Japan Fashion Week Organization

ABOUT ME

関西を拠点に各地のファッションシーンをファッションスナップを通して

情報を発信するウェブマガジン。

ミュージックやアート、スポーツなど

様々なカルチャーの垣根を超え、

ファッションというフィルターにかけ

ストリートのリアルを切り取っていく。 

​SNS

  • Instagram

© 2019 piiq magazine All rights reserved.